まさか私が・・・を回避する!!

秋晴れなのだけど、まだジメッと蒸し暑い日です。

本日のメインディッシュは、、、ではなく、メインエクササイズはこれ!
①足を交差させて中臀筋を鍛える変わり種スクワットと、
②ダンベルを持った手を斜めに上げ下げしながらのラウンジ。
先生の真似をして練習をするだけで、早くも体から顔から汗が吹き出します。

21751471_10214836643657794_6094844194369027044_n

「せっかく時間を作って来ているのだから、意識を持って効かせて欲しい」のお言葉通り、毎回工夫されたエクササイズと健康情報を準備してくださいます。

やる前は、しんどいな、重いな、、、と思っていた体も、エクササイズが終わる頃には、断然軽く、気持ちまで前向きになっているから不思議です。

健康のためには運動が大事だと知っていても、毎日の忙しさにかまけて、つい自分のことは後回しにしてしまいます。ましてや、しんどい運動なんかは尚更。そして、ある日突然病気を宣告されると、「まさか私が、、、。なんで私が、、、。」となってしまう。

先生は仰います。
「自分はならないということはない!何をやって来たかが問われるの!」

筋肉の大部分を占める下半身の筋肉は20代から減り始め、70代では20代の半分近くに減ってしまうそうです。
筋肉をつけて体力年齢を上げる。日常生活を楽にする。毎日生まれているガン細胞を潰す。もしもガンになって闘病するにも、筋肉が大事。

CMでは、「責任世代にこの薬!」とか宣伝をやっていますが、「責任世代にこのエクササイズ!」と声を大にして言いたい!