更年期障害にも効く!!

春うらら。
隣の公園を取り囲むような満開の桜が、レッスンルームの窓から見渡せます。

桜

今日のレッスンは、新規体験に3人も見えられ、嬉しいかぎり。
エクササイズ前の先生の説明も、体験の方にあれもこれも伝えたい〜!と、熱意が入り、いつにも増して内容盛りだくさん。

ボディメイクエクササイズ

そんな先生のお話の中で、気になったキーワード。

「更年期障害にも筋トレ!!」

閉経前後の約10年間は、卵巣ホルモンの分泌状態が変化する。そのため、心身両面で変調を来たしやすい。その典型例が更年期障害。ホルモンバランスの乱れによって、体のほてり、大量の汗、精神的に沈んでしまううつ病などの症状があります。

卵巣ホルモンのエストロゲンは、体の中でコレステロールを低く保ち、内臓脂肪をつけにくくする働きがあるそう。つまり、更年期にエストロゲンの分泌量が減少するので、内臓脂肪がつきやすくなる。
一方、筋肉量は加齢により減少する。ということは・・・

ズバリ更年期は、太りやすく痩せにくい。

そして、内臓脂肪アップは、生活習慣病のリスクにつながる。
また、エストロゲンは骨からカルシウムの消失を防いでいるので、更年期後は骨粗しょう症になりやすい。

いったいどうすりゃいいの〜!ということで、やっぱり筋トレ!!
筋トレは、筋肉のポンプ作用で血流を良くする。
基礎代謝が上がり、体脂肪が落ちる。結果として内臓脂肪を減らせる。
また、筋トレは成長ホルモンなどの分泌を促すことができるのです。
成長ホルモンは、筋肉成長促進、脂肪燃焼、骨粗しょう症防止、脳・生殖・免疫機能維持に効果があるそうです。

大事なことをしているな〜!続けなくては!と今日も実感。